広島で鍼灸療法を通じて「痛みや症状の緩和」に貢献

お問い合わせ・ご予約

症例報告の詳細

具体的な症例(適応症)へ行った鍼灸治療の内容、
改善された症状をご紹介します。

< 顔面神経麻痺 >

<女性 20代>
女性
20代

平成29年12月初診
[症状]
同年12月下旬、右顔面神経麻痺を患う。右側の耳が痛む。
涙が出る。
肩こり、腰痛はない。

少しイライラする。眼がかすむ。朝起きが辛い。頻尿。

眼は半分くらいしか閉じれない状態でした。
その為、涙が良く出る様でした。
唇も右半分の動きが悪く、飲み物等が流れてしまう。

[治療]
全身的に経絡診断を行いました。加えて、右顔面神経の状態を調べて治療を進めていきました。

1月中旬の第7診
まぶたは完全に閉じれるようになっていますが、左側と比べると力の入り方が弱く、唇の動きも改善されていますが、油断すると水気の物が流れてしまうようです。

4月初旬の第16診
まぶたの動きはかなり改善されました。唇の動きも良くなってきましたが、上唇の動きは悪い状態です。

5月初旬の第20診
まぶたの動きは大変良く、ウインクを左右交互に出来るようになりました。
唇の動きも良くなりましたが、歯磨き時のうがいの水が少し出てしまうとのことでした。

仕事も忙しく、治療間隔は延びておられますが、更なる回復を目指して治療を継続されておられます。



鍼灸について

診療について

症例報告

患者様へ

治療院について

鍼灸について

診療について

症例報告

患者様へ

治療院について

お問い合わせ・ご予約
お電話でのお問い合わせ・ご予約
電話番号
【診療時間】平日9:30 ~ 19:00/土曜日9:00 ~ 12:30
(平日の受付時間は18:00までです)

トップへ戻る