広島で鍼灸治療を通じて
「痛みや症状の緩和」を目指す今井鍼灸治療院 広島市中区八丁堀


症状・病名

胃痛・胃の不快感・食欲不振

広島市中区八丁堀にある胃痛・胃の不快感・食欲不振を治療する今井鍼灸治療院です。

    胃痛・胃の不快感・食欲不振の症状

    痛みやお身体の不調、違和感をかかえたまま、日常生活を送っていらっしゃいませんか?
    胃痛・胃の不快感・食欲不振を治すために、いろいろ試していらっしゃいませんか?
    胃痛・胃の不快感・食欲不振を緩和するために、当院は鍼灸治療を行っています。

    当院では、症状をお聞きして「脈診」を行い、「鍼や灸」で施術します。 これまでの経験と脈診から得られた状態をもとに、患者様のお身体のためと、胃痛・胃の不快感・食欲不振の緩和を目指します。

    当院の胃痛・胃の不快感・食欲不振の治療にご興味があれば、是非お読みください。

    胃痛・胃の不快感・食欲不振とは

    食前食後の胃の痛み。
    不快感。
    ストレスを感じた時の痛み。
    吐き気。
    食欲不振。

    胃痛・胃の不快感・食欲不振の原因

    胃酸過多のために起こるびらん性胃炎。
    細菌やウイルス性の胃炎。
    アニサキスが胃壁を制すとアレルギー反応が現れ、刺激が起こったりする。
    また、胃もたれや胃の痛みなどの不快な症状は続いているのに、内視鏡などで調べても、胃の粘膜には異常が見られない。
    機能性ディスペプシアなどがある。
    ストレスで胃に炎症や胃けいれんが起こることもよくあります。
    お薬で胃に影響が出ることや、その他には胃癌、胃潰瘍など。

    胃痛・胃の不快感・食欲不振の緩和

    胃がストレスの影響を受けていることが多いようです。
    また、胃の痛みや不快感・食欲不振が、更なるストレスになることもあります。
    以前食欲がなく体重が落ちて、自分はきっと胃癌だと思い、一大決心の末胃カメラの検査を受けたが、「胃には炎症も何もなく正常ですよ」と言われ、帰りにはお寿司を食べられた方がおられました。
    何かのきっかけで症状が取れる場合もあります。
    そして、胃は正常でも症状がある方もおられます。
    そういった方には、鍼やお灸での治療が良いかもしれません。

    胃痛・胃の不快感・食欲不振への施術内容

    当院の鍼灸治療は「脈診」に基づいて鍼と灸を使って施術を行います。

    胃痛・胃の不快感・食欲不振を緩和するには、まずは問診・聞診をさせていただきます。舌診や脈診、経絡を使ってお身体の状態を調べて得た情報をもとに、胃痛・胃の不快感・食欲不振のための鍼や灸を施します。全身と局所の各治療があり、症状の度合いや患者様のお時間等のご都合で必要な鍼灸治療を見極めて施術します(全身と局所では治療にかかる時間の違いあり)。
    小児向けも行いますので、お子様のご来院もご相談ください。

    胃痛・胃の不快感・食欲不振の症状と治療

    <心下部が気持ち悪い、つかえる>

    [症状]
    最近心下部が気持ち悪く、つかえる。
    仕事が忙しく、人間関係が難しい。
    背中が痛む。頸こり・肩こりも強く、時々頭痛もある。
    イライラして、不安感もある。
    朝起きがつらく、身体がだるい。疲れやすい。
    冷たい物を飲むと胃が痛み、温かい物を飲むと気持ちがいい。

    [治療]
    全身的に経絡診断を行い、加えて胃の状態を調べました。
    胃の噴門部(入り口)の緊張状態が強く、過敏になっているようなので、緩和されるよう鍼やお灸で治療を行いました。

    5日後の第2診では、胃の痛みは緩和され、更なる安定をと継続して鍼とお灸で治療を行っています。

    <フワフワした感じのめまい、空腹時の胃痛>

    [症状]
    めまいがする。フワフワした感じがある。
    肩こり・頸こりがあり、腰痛はない。
    胃痛がよくあり、特に空腹時にある。
    イライラする。やる気が出ない。舌がヒリヒリする。
    朝起きがつらく、身体がだるい。疲れやすい。

    [治療]
    全身的に経絡診断を行い、加えてめまい・胃痛等を調べました。
    めまいは、三半規管につながる神経の伝達が悪い様で、胃は入り口(噴門・ふんもん)と出口(幽門・ゆうもん)の両方に過敏な状態があるので、あわせて鍼とお灸で治療を行いました。

    最初は1週間に1回、鍼とお灸で治療を行いました。

    胃痛・胃の不快感・食欲不振のまとめ

    胃痛・胃の不快感・食欲不振については、さまざまな要因があります。生活習慣、加齢、病気に由来するものなど…

    胃痛・胃の不快感・食欲不振を緩和して快適な生活を取り戻すためには、早めの胃痛・胃の不快感・食欲不振の治療を行うことが大切です。
    鍼灸治療は長い歴史があり、鍼灸の施術として「不定愁訴(なんとなく体調が悪い)」にあてはまる症状などは、鍼灸治療で緩和する可能性があります。

    鍼灸院では、患者さんが来院されたら、まずは来院されるきっかけになった症状や部位、発症の原因や経過、その他にも色々なことをお聞きし、その後、脈診・腹診・舌診などの東洋医学的検査、さらに法的に可能な西洋医学的検査も実施します。それらから鍼灸の適応か否かの判断をし、病状や体質の診たてを行った後に、適切な経穴に鍼や灸を施します。

    大まかに言うとこのような治療の流れがありますが、古来より日本の鍼灸治療には流派のようなものが様々にあり、それぞれの鍼灸師が学んできた流派の教えに則って東洋医学的な診たてを行います。また施術に関しても同様に、経穴の選択、鍼の刺し方・灸のすえ方など、それぞれに良いとされる方法で行います。

    公益社団法人 日本鍼灸師会のサイトより一部を引用)

    胃痛・胃の不快感・食欲不振は鍼灸治療で症状の緩和が見込めますので、気にかかることがありましたら、お気軽に「ご予約やお問い合わせ」ください。

    胃痛・胃の不快感・食欲不振の症状は、鍼灸治療の当院にご相談ください

ご予約・お問い合わせ

要予約
診療時間
9:30~12:00 ×
14:30~18:30 × ×

休診:日曜・祝日・土曜午後・年末年始・お盆


平日18時以降のご予約をご希望の方は、当日18時までにご連絡ください。
受付時間18時までにご予約がない場合は、診療を終了させていただきますので、ご了承ください。
土曜日は12時までとなっていますが、予約終了にて休診とします。

PAGE TOP