広島で鍼灸療法を通じて「痛みや症状の緩和」に貢献

お問い合わせ・ご予約

症例報告の一覧

具体的な症例(適応症)へ行った鍼灸治療の内容、
改善された症状をご紹介します。

メニエール症候群

<男性 20代>
男性
20代

[症状]
2006年2月3日、突然めまいがして救急車で病院に運ばれる。
頭頚部MRI検査 異常なし。
メニエール病と診断される。
めまいがひどく、頭を動かすとぐらぐらする。
就職の内定も流れてしまい、なんとしても治したいと、
同年3月29日、当院を受診。
右肩凝りが強く、セッカチになりやすく、疲れやすい。
腰痛があり、昼間の尿量が少ない。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えて、めまいに関する所を調べ治療進めました。
第5診 三半規管の浮腫の反応が取れ、症状はかなり落ち着いた様子です。
以後、めまいの一層の強固を図る為、しばらく通院されています。(症状は取れても、まだ三半規管、前庭神経の異常反応が残っていた為)
その他の諸症状も改善されました。


<男性 70代>
男性
70代

[症状]
2年前に肝臓癌の手術。
1年前よりメニエール症候群を患う。
頭がフラフラする等で色々治療するも、良くならない。

[治療]
全身的に経絡診断を行う。
2年前に肝臓癌を患った為、癌特有の基本的なくずれがありました。
訴えられていためまいは、右三半規管 [みぎさんはんきかん]に異常があり、併せて治療しました。
初回の治療が終り、ベットがら起き上がる時に「だいぶん良くなった」と言われ、5回で症状が消失しました。





鍼灸について

診療について

症例報告

患者様へ

治療院について

鍼灸について

診療について

症例報告

患者様へ

治療院について

お問い合わせ・ご予約
お電話でのお問い合わせ・ご予約
電話番号
【診療時間】平日9:30 ~ 19:00/土曜日9:00 ~ 12:30
(平日の受付時間は18:00までです)

トップへ戻る