広島で鍼灸療法を通じて「痛みや症状の緩和」に貢献

お問い合わせ・ご予約

症例報告の一覧

具体的な症例(適応症)へ行った鍼灸治療の内容、
改善された症状をご紹介します。

肋間神経痛

<女性 60代>
女性
60代

[症状]
平成30年3月初診

平成29年12月、昼間に右肋間の痛みを感じた。
キリキリと痛み、不規則に痛む。
現在は少し軽くなってはいるものの、痛みが強い。
痛み止めを服用するも痛みは消えない。
CRPは正常。
最近は寝ている時も痛むようになった。
肩こりがあり、眼が疲れる。夜間尿は3回。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えて右肋間の末梢神経の状態などを調べ、治療を進めました。
右肋間部の神経は、気滞(きたい)が強く、気の流れを良くするように治療を行いました。

5日後の第2診
 右肋間部の神経の気滞はは軽くなってはいるものの、まだ通りは悪いが症状はかなり楽との事でした。

3週後の第3診
 もう治ったのかと思ったぐらい楽だったそうで、また少し痛みが出たとのことで受診されました。
それでも、第2診の時よりも右肋間部の神経の気滞は軽い状態です。
治療を行い、以後ご連絡がありませんので、良くなられたのだと思います。





鍼灸について

診療について

症例報告

患者様へ

治療院について

鍼灸について

診療について

症例報告

患者様へ

治療院について

お問い合わせ・ご予約
お電話でのお問い合わせ・ご予約
電話番号
【診療時間】平日9:30 ~ 19:00/土曜日9:00 ~ 12:30
(平日の受付時間は18:00までです)

トップへ戻る