広島で鍼灸療法を通じて「痛みや症状の緩和」に貢献

症例報告の一覧

具体的な症例(適応症)へ行った鍼灸治療の内容、
改善された症状をご紹介します。

食欲不振

<みぞおちが硬くなり、胸やけやゲップが出る食欲不振>
男性
70代

2019年11月初診

[症状]
2ヶ月前、右の喉のリンパが腫れたため、抗生物質を服用。
その後、みぞおちが硬くなり、食事が取れなくなったり、胸やけやゲップが出る様になった。
味も分からなくなった。
肩こり・頸こりがある。
腎機能が少しずつ下がっている。
身体がだるく、疲れやすい。腰がだるい。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えて胃の状態を調べました。
胃は過敏性が強く、働きが悪くなっているようなので、改善するように鍼とお灸で治療を行いました。

1週間後の第2診
少しずつ食事が取れるようになりました。

3週間後の第3診
食事は以前のように普通に取れる様になり、大変喜ばれました。
頸こり、肩こりや腰痛なども改善するものの、未だに違和感はあり、健康のためにと継続して治療をされておられます。





症例報告

患者様へ

鍼灸について

診療について

治療院について

症例報告

患者様へ

鍼灸について

診療について

治療院について

お問い合わせ・ご予約
お電話でのお問い合わせ・ご予約
電話番号
【診療時間】平日9:30 ~ 19:00/土曜日9:00 ~ 12:30
(平日の受付時間は18:00までです)

トップへ戻る