広島の鍼灸院として
「痛みや症状の緩和」を目指す今井鍼灸治療院 広島市中区八丁堀


症状・病名

難聴・突発性難聴

広島市中区八丁堀の今井鍼灸治療院は「難聴・突発性難聴」を鍼灸治療します。

    難聴・突発性難聴の症状

    痛みやお身体の不調、違和感をかかえたまま、日常生活を送っていらっしゃいませんか?
    難聴・突発性難聴を治すために、いろいろ試していらっしゃいませんか?
    難聴・突発性難聴を緩和するために、当院は鍼灸治療を行っています。

    当院では、症状をお聞きして「脈診」を行い、「鍼や灸」で施術します。 これまでの経験と脈診から得られた状態をもとに、患者様のお身体のためと、難聴・突発性難聴の緩和を目指します。

    当院の難聴・突発性難聴の治療にご興味があれば、是非お読みください。

    難聴・突発性難聴とは

    突然の耳鳴り、難聴、耳閉感、また吐き気やめまいを伴うこともある。

    難聴・突発性難聴の原因

    有毛細胞のむくみや炎症が起き、壊れてしまう。
    その為、信号がうまく伝えられず、音が聞き取りづらくなってしまう。
    また、何時何分に突然発病したと自覚できることが多いようです。

    難聴・突発性難聴の緩和

    有毛細胞は再生しないが、耳鳴りなどの自覚症状は変化します。
    特に気圧の影響やストレスによって悪くもなります。どういった時に悪くなるかを知り、気を付けるようにしましょう。

    難聴・突発性難聴への施術内容

    当院の鍼灸治療は「脈診」に基づいて鍼と灸を使って施術を行います。

    難聴・突発性難聴を緩和するには、まずは問診・聞診をさせていただきます。舌診や脈診、経絡を使ってお身体の状態を調べて得た情報をもとに、難聴・突発性難聴のための鍼や灸を施します。全身と局所の各治療があり、症状の度合いや患者様のお時間等のご都合で必要な鍼灸治療を見極めて施術します(全身と局所では治療にかかる時間の違いあり)。
    小児向けも行いますので、お子様のご来院もご相談ください。

    難聴・突発性難聴の症状と鍼灸治療

    <右側突発性難聴になり、耳鳴りが残る>

    [症状]
    5年前右側突発性難聴になり、耳鳴りが残った。その耳鳴りの治療で来院されました。
    頸こり・肩こりがあり、腰痛もある。時々めまいもする。
    右眼の奥が重くなる。イライラする。
    朝起きがつらく、身体がだるく、疲れやすい。

    [治療]
    全身的に経絡診断を行い、耳鳴り等を調べて鍼とお灸で治療を行いました。
    来院されていたある日、「何か喉に違和感が・・・。何かあるようでつかえた、詰まった感じがする」と言われました。
    調べてみると、咽頭あたりに緊張性のストレスが影響している様だと告げ、本来の治療に加えて梅核気の鍼灸治療も行いました。

    10日後の治療では、咽頭のストレス等を調べるとほとんど影響がなく、症状は緩和されていました。

    以後も耳鳴り等、お身体のためにと鍼灸治療を継続されておられます。

    <2度目の左突発性難聴>

    [症状]
    2016年10月初診

    5年前左突発性難聴を患い、今年9月にまた左側が突然性難聴になった。
    低音が聞こえづらい、耳閉感が強い。
    左緑内障があり、視野が少し狭くなっている。
    肩こりがあり、少々イライラする、夜間尿が2回ある。

    [治療]
    全身的に経絡診断を行う。
    左耳は耳管の通りが悪くなっているようで、左緑内障、視神経には関わると考えている経穴にはりをして治療を行いました。

    この方は遠方ではあるが、2週間に1回程度治療を行いました。

    耳閉感は忘れていることが多くなったそうです。
    経絡診断的に眼圧に関する反応は同年8月に少し良くなられました。
    同年12月に検診で「おかしい。眼圧は変わらないのに視野が良くなっている」と言われたそうです。
    現在も経絡診断的には反応が残っている為、治療を継続しておられます。

    <左側突発性難聴を患い、点滴や高気圧酸素療法を受ける>

    [症状]
    6月5日、左側突発性難聴を患う。
    6月6日、点滴。
    6月15日〜7月17日まで、高気圧酸素療法を受ける。

    7月25日、当院を受診。
    耳鳴り、耳閉感、音割れが強い。
    めまいは無し。
    聴力も、退院後少し回復するも、不自由である。
    発病後、緊張しやすい。
    不安が続く。
    朝起きが辛い。
    身体がだるく、疲れやすい。
    食欲が無い。

    [治療]
    全身的に経絡診断を行い、加えて、左側突発性難聴に関わる、左側聴神経と左耳管等を調べました。
    左側聴神経等には、気滞(気が滞った状態)、炎症、風(痙攣)等の反応がありました。
    精神的にも不安定になっている為、心経(情緒)の治療も加えて行いました。

    3ヶ月を過ぎる頃には、耳鳴り・耳閉感等の反応は少なくなり、少しずつではあるが不安も緩和されて、同じように鍼とお灸で治療を行いました。

    治療4ヶ月を過ぎる頃には、身体が全体に緩和されています。
    現在も、更なる緩和と身体の為に、継続して鍼灸治療を行っています。

    難聴・突発性難聴のまとめ

    難聴・突発性難聴については、さまざまな要因があります。生活習慣、加齢、病気に由来するものなど…

    難聴・突発性難聴を緩和して快適な生活を取り戻すためには、早めの難聴・突発性難聴の治療を行うことが大切です。
    鍼灸治療は長い歴史があり、鍼灸の施術として「不定愁訴(なんとなく体調が悪い)」にあてはまる症状などは、鍼灸治療で緩和する可能性があります。

    鍼灸院では、患者さんが来院されたら、まずは来院されるきっかけになった症状や部位、発症の原因や経過、その他にも色々なことをお聞きし、その後、脈診・腹診・舌診などの東洋医学的検査、さらに法的に可能な西洋医学的検査も実施します。それらから鍼灸の適応か否かの判断をし、病状や体質の診たてを行った後に、適切な経穴に鍼や灸を施します。

    大まかに言うとこのような治療の流れがありますが、古来より日本の鍼灸治療には流派のようなものが様々にあり、それぞれの鍼灸師が学んできた流派の教えに則って東洋医学的な診たてを行います。また施術に関しても同様に、経穴の選択、鍼の刺し方・灸のすえ方など、それぞれに良いとされる方法で行います。

    公益社団法人 日本鍼灸師会のサイトより一部を引用)

    難聴・突発性難聴は鍼灸治療で症状の緩和が見込めますので、気にかかることがありましたら、お気軽に「ご予約やお問い合わせ」ください。

    難聴・突発性難聴の症状は、広島で鍼灸治療を行う当院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

要予約
診療時間
9:30~12:00 ×
14:30~18:30 × ×

休診:日曜・祝日・土曜午後・年末年始・お盆


平日18時以降のご予約をご希望の方は、当日18時までにご連絡ください。
受付時間18時までにご予約がない場合は、診療を終了させていただきますので、ご了承ください。
土曜日は12時までとなっていますが、予約終了にて休診とします。

PAGE TOP