広島で鍼灸療法を通じて「痛みや症状の緩和」に貢献

お問い合わせ・ご予約

症例報告の一覧

具体的な症例(適応症)へ行った鍼灸治療の内容、
改善された症状をご紹介します。

リウマチ

<男性 50代>
男性
50代

平成27年7月初診
[症状]
もともと関節リウマチの治療で来院。
身体がだるく、疲れやすい。イライラする。やる気が出ない。
汗が出やすく、冷える。
午前中頻尿になる。

平成28年7月、近所でゴタゴタがあり、不眠になる。
物事が気になり、気分が落ち込む等の症状が現れる。

[治療]
全身的に経絡診断を行いました。加えて、不眠・気分が落ち込む等に関するところを調べて治療を進めていきました。

二週間に一度のペースで治療を行い、治療回数を重ねる毎に症状も落ち着いてこられました。

秋は季節的に誰もがセンチメンタルになりやすく、どうかなと心配しましたが、時には寝付きが悪いときがあるものの、症状はほとんど治まり、現在もなおリウマチ等の治療を継続しておられます。


<女性 50代>
女性
50代

[症状]
平成29年12月初診
眠れないため、漢方・睡眠導入剤を服用するも、仕事が不規則でなかなか思うような睡眠が得られなく、仕事を休職中。
腰痛・肩こりがある。
高血圧、イライラする、やる気が出ない、眼が疲れる。
不安感があり、身体がだるい、疲れやすい、食欲がない。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えて睡眠・腰・肩などの状態を調べ、治療を進めていきました。
身体は精神的な緊張状態が強かったです。

第5診では、精神的な緊張も緩み、少しずつ睡眠も安定しているとのことでした。

2月には仕事に復帰されました。
仕事は交代制で、夜勤もあり大変とのことでした。
以前は薬を服用しても困難であったが、現在も薬を服用はしているものの、眠れているとのことで喜ばれております。
春は気が変動する時期だったり、仕事への不安(不規則など)等と悪条件の中で、良い結果が出ていると思い、更なる良い状態を目指し、診断して治療を行っています。


<男性 40代>
男性
40代

[症状]
今までは良く眠れていたが、2週間前より寝付かれず、また1時から2時頃に目が覚める。
気力が無く、不安感があり、身体がだるく、食欲も無い。
仕事では、パソコンをよく使う。
肩凝り、腰痛がある。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えて、睡眠、心経(気持ち等を表す)、胃の弱りを調べました。
睡眠(入眠困難、中途覚醒)は、気滞(気のとどこおり)等の状態があり、疎通をする様にしました。
心経と胃は、気虚(気が不足している)の状態が強く、それを補いました。

5月23日 第2診
気力は少し出てきて、睡眠も良くなってきました。

第5診
気力はあり、気分も良く、食欲もでてきました。
良く眠れるようになり、腰痛・肩凝りも楽になって、治療を終えました。


<女性 70代>
女性
70代

[症状]
夜寝付きが悪く、途中で良く目が覚める。
せっかちで身体がだるく、疲れやすい。
お腹が張り、ガスが溜まる。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えて睡眠に関する所を調べて、治療を行いました。
この方はせっかちで、お腹が張り、ガスが溜まるといった症状があり、中医学では肝気郁結 [かんきうっけつ](ストレスが溜まった状態)で、この肝気郁結 [かんきうっけつ]を取る事で、睡眠はもちろん、お腹が張る、ガスが溜まるといった症状は治療する事5,6回目ぐらいで緩和されました。
ただ、ストレスを無くすというのは、まず無理です。
やはり弱い所に影響を受けやすいので、睡眠に影響しない様にその関する所を整え強固とし、また、養生の為にも来院されています。
今までにも、何度か睡眠等が乱れる事もありましたが、治療を重ねていく程に安定してきておられます。





鍼灸について

診療について

症例報告

患者様へ

治療院について

鍼灸について

診療について

症例報告

患者様へ

治療院について

お問い合わせ・ご予約
お電話でのお問い合わせ・ご予約
電話番号
【診療時間】平日9:30 ~ 19:00/土曜日9:00 ~ 12:30
(平日の受付時間は18:00までです)

トップへ戻る