広島で鍼灸療法を通じて「痛みや症状の緩和」に貢献

お問い合わせ・ご予約

症例報告の一覧

具体的な症例(適応症)へ行った鍼灸治療の内容、
改善された症状をご紹介します。

リウマチ

<女性 40代>
女性
40代

[症状]
2016年11月初診

今年に入って手足がシュワシュワする。
手がこわばる、朝むくむ、痛む。
血液検査は異常なし。MRI検査でリウマチの初期と言われて、投薬はなく、経過観察との事。
腰痛、右股関節が痛む。
イライラし、朝起きが悪く、身体がだるく、疲れやすい。
風邪をひきやすい、頻尿がある。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えて関節リウマチの状態を調べ、治療を進めました。

この方は、定期的に週1回のペースで治療に来られ、少しは自覚症状が残るものの軽減され、約1年後のMRI検査では「状態が良くなっている」とお医者様に言われたと喜んでおられました。
現在も間隔を空けて継続して治療を行っております。


<女性 50代>
女性
50代

[症状]
2017年2月初診

リウマチで4年前より薬で抑えられていたが、両手・指・手首に腫れと痛みが出てきた。
頸こり、肩こりがある。
イライラする、寝ていても痛みで目が覚めてしまう。
下痢しやすい。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えて関節にリウマチアレルギーがどの程度かかわっているか、腱・筋の状態はどのようになっているかなどを調べ、治療を進めました。

第11診、5月初め
リウマチの関節への経絡診断的反応が少し良くなられました。
症状にも改善が見られ、楽になったとの事です。
このころより治療期間を2週間に1回の治療で経絡診断するも、症状に悪化はなく良好との事です。

年末を迎え、忘年会で飲み過ぎることが多いとの事だが、状態は良いとの事でした。


<女性 60代>
女性
60代

[症状]
6年前より関節リウマチを発症。
特に両手首・両足首が痛い。
1年前、腰椎圧迫骨折をしている。
朝起きがつらく、疲れやすい。
身体がだるい。
腰痛がある。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えて関節リウマチ・両手首・両足首等の状態を調べ、治療を進めました。

治療を重ねる毎に、症状は落ち着いていくものの、使い過ぎれば痛み、特に手首は熱を持ち赤く腫れる事もあるようです。
また、風寒の外邪(風邪)、その他外界の刺激も受けやすく、痛みを増す原因となります。
その都度、状態に応じて治療を行い、少しでも安定する様心がけ、現在も治療を継続しています。

CPR
2010年1月 1.79
2010年7月 0.19
2011年4月 0.26
2011年10月 1.22
2012年1月 0.46
2012年4月 0.43
2012年7月 0.32


<女性 50代>
女性
50代

[症状]
45歳を過ぎた頃より、右手首が最初に痛み、続いて右膝関節にも痛みが出た。
病院にてリウマチと診断される。
かなりの変形があり、右手では軽い物すら持てない。
右膝は、朝が特に痛み、今年の夏より毎日、常に痛みが強く、歩行も困難。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えて右手関節、右膝関節、腱・靭帯、筋肉、骨、軟骨、リウマチアレルギーの程度等を調べて、治療を進めました。
途中、 ※風寒の外邪 [ふうかんのがいじゃ] の影響を受けたり、転倒をして痛みが悪化したが、その都度対処して、現在では歩行も楽になり、海外旅行に出掛けられたり、右手でフライパンを振ったりする事も出来る様になられました。
以前は痛み止めを服用していたが、今はほとんど服用する事が無いとの事です。

※風寒の外邪 [ふうかんのがいじゃ]
一般的に風邪と考えてもらうと分かりやすいと思います。
風寒の外邪が皮膚にあれば「さむけ」がしますし、鼻に影響すれば「鼻炎」に、のどに影響すれば「のどが痛み」、肺に影響すれば「咳が出る、さらには肺炎」につながっていきます。
この方の様に、関節や末梢神経、腱・靭帯、筋肉に影響すれば、激しい痛みになってしまいます。


<男性 60代>
男性
60代

[症状]
2004年8月中旬より、リウマチを発症。
某病院にて、ステロイドを処方され服用。
服用中は痛みが軽減されるが、胃潰瘍を患い、吐血して入院。
リウマチ専門の病院に変わり、ステロイドは副作用が強い為、他の薬を処方される。
その薬を服用するが、両手首、両肩関節、両股関節の痛みが強く、起床時にベットから起きるのに5〜6分掛かっているとの事。

[治療]
全身的に経絡診断を行い、加えてリウマチに関するアレルギー反応の程度、両手首、両肩関節、腰、両股関節等の関節、腱・靭帯、筋肉等の状態を調べ、治療を進めました。
第2診
「週の前半はもう治ったのかと思うほど良かった。後半はまた痛かったが、前回から起床がスムーズに出来る様になり、びっくりしている」との事です。
治療を継続して行いました。
同年5月10日
山を歩き回り、山菜を取ったり、海で釣りをしたり、ワカメを取ったりと、楽に過ごされています。
最近は薬を飲むのを良く忘れるとの事です。
経絡診断ではリウマチ反応は良くなっているものの消えてはおらず、なお一層強固なものとする様、治療を継続しています。

C R P
2004.9.28– 6
2005.2.24– 3
2005.3.28– 1.22
2005.4.23– 0.24





鍼灸について

診療について

症例報告

患者様へ

治療院について

鍼灸について

診療について

症例報告

患者様へ

治療院について

お問い合わせ・ご予約
お電話でのお問い合わせ・ご予約
電話番号
【診療時間】平日9:30 ~ 19:00/土曜日9:00 ~ 12:30
(平日の受付時間は18:00までです)

トップへ戻る